2011年01月31日

思い出にもならなそうな日 歌詞

  思い出にもならなそうな日

今日は何もなかったから 気がつきゃ夕方まで寝ていたよ
目も冴えてるし 体も冴えてる それでも心は眠ってる
今日と言う日がもったいなくて  なにかの思い出にしようと思って
それでもなんにも浮かばなくて   とりあえず自転車に乗った

思い出にもならなそうな日  心と体がつながらない
君への思いと チェーンが絡んで  ペダルをうまくこげないよ

今日は何もなかったから    何処へだって行けるはずなのに
太陽だって追えるはずなのに 家の周りをうろついてる

今日と言う日が もったいなくて 君のこと 考えたくなくて
それでもなんにも浮かばなくて とりあえず君のこと考えた

思い出にもならなそうな日  心と体がつながらない
君への思いと チェーンが絡んで  ペダルをうまくこげないよ
posted by オーノキヨフミ at 12:05| 夢ばかりのミ・アモーレ 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灯台のそばに 歌詞

灯台のそばに

灯台のそばに 君を見つける ための小屋を 作るのさ
壁に絵を描き 窓枠をつけて とりあえず作るのさ

たしかなことなど 何もないけれど 海があれば それでいい
空を見ながら 波の音を聞きながら 君を見つけだすから

もどかしい言葉でも 君からもらえば大丈夫
ばかね それだって 愛の形だって 言うよ 

灯台のそばに 君を見つける ための小屋を 作るのさ
風見鶏を立てて 風の向きを知り ポケットには双眼鏡 

ああ空と海と大地の狭間で ふり出しに戻る言葉を捜している
でもここにはそんなものは残って無い 未来への言葉だけ

君から何をもらったの 目に見えるものじゃない
ばかね それだって 気づいているって 本当かい。

もどかしい言葉でも 君からもらえば大丈夫
ばかね それだって 愛の形だって 言うよ 

灯台のそばに 君を見つける ための小屋を 作るのさ   
ひょっこり君が 帰りたくなったら 帰ってこれるように 
posted by オーノキヨフミ at 12:04| 夢ばかりのミ・アモーレ 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅立ったダーリン 歌詞

旅立ったダーリン  

こうして僕らは旅立った  助かったって思ってるの?
あいつの涙は僕だって 気づかないわけじゃないけど

この手に受け止める悲しみは  もう帰らないものへの憧れだとか
誰かが描いた夢だとか  そんなものが混ざってる

FRIDAYからSUNDAYへ つかの間の旅に出る
ああ 君無しで どこまでも 行けるかなんて わからないけれど 目の前の ドアを開けろ  

この悲しみは  生きることの 鍵に変わる  
僕の空は 君の様に今 広がってつながって Oh 青くなる

こうして僕らはやるせない  優しさの中で戸惑ってるよ
この世から何もかもが消え去っても 記憶だけは消さないで

FRIDAYからSUNDAYへ つかの間の旅に出る
ああ あらさがしの毎日も 嫌になって 蹴りとばす前に 目の前の ドアを開けろ

この悲しみは  生きることの 鍵に変わる 
僕の空は 君の様に今 広がってつながって Oh 青くなる

無理しないで見つめてよ そのままで苦しくても 本当の姿こそ  見つめてよ 見つめてよ

この悲しみは  生きることの 鍵に変わる
僕の空に  月がのぼるなら 「旅立って 行くよ」って Oh Oh 
伝えたい事だって  伝えられる   明日があれば 

僕の空は 君の様に今 広がってつながって Oh Oh 青くなる  青くなる

無理しないで見つめてよ そのままで苦しくても 本当の姿こそ  見つめてよ
無理しないで見つめてよ そのままで苦しくても 本当の姿こそ  見つめてよ 
posted by オーノキヨフミ at 12:03| 夢ばかりのミ・アモーレ 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする