2011年01月31日

サンディー 歌詞

サンディー           

おおサンディー 今日もこの胸は 風に吹かれては震えてる
ため息まじりの 交差点で 君は何を見る

おおサンディー 君はこれからも いくつもの嘘や悲しみを
ポケットいっぱいに詰め込んで この世界を泳ぐの?

涙だけを 愛さないで

おお サンディー 僕に 微笑んで  おお サンディー 君が好きだから
孤独に負けそうな夜もある そんな時は 呼んでおくれ 僕を

おお サンディー そうだ僕達は 笑顔ばかりじゃいられない 
誰でも心にもう一人の 自分を持っている
一人ぼっちに 帰らないで


おお サンディー 君は どれくらい おお サンディー 僕を知っている? 
形あるものだけじゃない 君をもっと 知ってたいよ ああ


嘘や裏切りで傷ついて 泥まみれになっても 君がいなけりゃ
春も夏も秋も冬も 訪れない


おお サンディー 僕に 微笑んで おお サンディー 君が好きだから
孤独に負けそうな夜もある そんな時は 呼んでおくれ

おお サンディー 僕は ここにいる おお サンディー 君のそばにいるから
サンディー だから笑っておくれ どんな時も そばにいるよ サンディー
posted by オーノキヨフミ at 12:08| 夢ばかりのミ・アモーレ 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真夜中のフリーマン 歌詞

真夜中のフリーマン

目を閉じて 眠りにつく前に まぶたの裏 浮かぶその景色
心の中にターミナル 真夜中過ぎのFree Man

美しい君に奪われた 心 それは どこか かりそめの世界の様

僕らが 自由人に なりたいならば 誰かが 言ってた 幸せを
捨て去っちゃいな そんで どうすんだ? 君が感じている幸せを
ただつきつめるんだ 心の声を取り戻せ

父さんや母さんや友達の 目に映るこの世界と君の
見てる世界はちょっと違う それは君だけの世界さ

形あるものに 奪われた 心 それは どこか かりそめの世界の様

僕らが 現代に 飲み込まれずに 自分の 言葉で 話せたら
行きたい場所に きっと 行けるんだ 世界はとっくに君のもの

聴かせてやりたいんだ 心の声を取り戻せ

存在を 信じたければ 誰かが 言ってた 現実を
うたがっちゃいな そんで どうすんだ? 君が見たリアルが肝心だ
僕らが自由人に なりたいならば 誰かが 言ってた 幸せを
捨て去っちゃいな そんで どうすんだ? 君が感じている幸せを
ただつきつめるんだ 心の声を取り戻せ

我無 我無 我無 我無
posted by オーノキヨフミ at 12:07| 夢ばかりのミ・アモーレ 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽と土の子 歌詞

太陽と土の子

茜色に染まる雲  悲しみ越えて 飛んでくるよ 
扉を開ける 君の手と 季節の影 重なる 

太陽は認めた 大地に抱かれて生きること
たいした事じゃなくても 君に言われれば 輝いて聞えるよ 

どうして僕等は出会い 君の髪も乱れる
最後に見つけた嘘も 消せない思い出達も
飲み込んで 飲み込んで 飲み込んで行け
どうして僕等は出会い やがて夢も変わってく
確かに まだ感じるよ  僕らは ここで 生きてる

太陽は認めた 大地に抱かれて生きること
繰り返す過ち 何度もこうして胸を痛めているよ

どうして僕等は出会い 君の髪も乱れる
最後に見つけた嘘も 消せない思い出達も

飲み込んで 飲み込んで 飲み込んで行け
どうして僕等は出会い やがて夢も変わってく
確かに まだ感じるよ  僕らは ここで 生きてる 
僕らは ここで 生きてる
posted by オーノキヨフミ at 12:06| 夢ばかりのミ・アモーレ 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする