2016年04月23日

アンプシミュレーターを使わずにもいける

アンプを使わずラインでエレキギターを録る場合、アンプシミュレーターを使うのが定石だけど、実はこのアンプシミュレーターを使わずに手持ちのエフェクターで好みのそれっぽい音に持っていけたりする。

決め手はあまりローファイにならないオーバードライブと、高性能なEQ。場合によって最後段にリバーブやアナログディレイなどで部屋の残響を短めにかける。自分はOD1-XとMXRのEQを愛用しているのだけど、この二つだけでかなり良いところまで追い込める。アンプシミュレーターを使うと場合によって何か劣化したようなクリーンになることがあるけど、それもない。写真は愛用のM108 10 Band Graphic EQ。ギター以外のいろんなものにも使えるすごいやつ。


posted by オーノキヨフミ at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。