2011年04月30日

木彫りたち

IMG_3102.jpg網走の駅構内には熊の木彫りが。た、高い!大人の身長を越すその存在感は圧巻のはずなのですが、誰も見向きもせず。ああ、さみしき熊の木彫りたち。


posted by オーノキヨフミ at 20:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントだー、かなりの大作なのに、しかも、なんでしょこの、くくりつけかたああー

でもなにもかも、ねらいだったとしたら!!

博物館で紀元前のイラン?かどこかのひとが作った置物をみたとき、すんごいユーモラスゆるキャラぷりに、すっかり、なごんじゃって、これつくったひとと友達になれるわ!とシンケンに思った。ただ、よくよくかんがえると、きっと、最初はひとりで、作っていてそのうち周りの人がなんかいいねってなって、で、ながい年月たって、たくさんあるものの中から、これ飾ろうよと決めて、押したひとが、いるんだよなー。オーノさんも、そんなふうに、何千年後のひとにも愛されそうですね〜
Posted by ホップ at 2011年04月30日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。