2011年01月31日

太陽と土の子 歌詞

太陽と土の子

茜色に染まる雲  悲しみ越えて 飛んでくるよ 
扉を開ける 君の手と 季節の影 重なる 

太陽は認めた 大地に抱かれて生きること
たいした事じゃなくても 君に言われれば 輝いて聞えるよ 

どうして僕等は出会い 君の髪も乱れる
最後に見つけた嘘も 消せない思い出達も
飲み込んで 飲み込んで 飲み込んで行け
どうして僕等は出会い やがて夢も変わってく
確かに まだ感じるよ  僕らは ここで 生きてる

太陽は認めた 大地に抱かれて生きること
繰り返す過ち 何度もこうして胸を痛めているよ

どうして僕等は出会い 君の髪も乱れる
最後に見つけた嘘も 消せない思い出達も

飲み込んで 飲み込んで 飲み込んで行け
どうして僕等は出会い やがて夢も変わってく
確かに まだ感じるよ  僕らは ここで 生きてる 
僕らは ここで 生きてる


posted by オーノキヨフミ at 12:06| 夢ばかりのミ・アモーレ 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。